ネトネトした…砂

「キネティックサンド」という砂をご存知だろうか?

触ってみるとネトネトしたなんとも不思議な砂なのだが、どうやら子供向けのおもちゃらしい。

昨日までの3連休、パパである私はパパらしい仕事を一切せずひたすらネットの仲間とゲームをしていたのだが、そんな私に構うことなく嫁さんと娘は近くのフリーマーケット会場に行ってきたらしいんです。


帰ってくるなり「パパ~!コレ見て~!」と見せられたのが、このキネティックサンドという不思議な砂でした。


恥ずかしながらこの年齢になるまで存在すら知らなかったのですが、更に恥ずかしいことに外箱に書いてある文章が「何語」なのかもさっぱり判らずネットでググってみたら「スウェーデン製」であることが判明しました(笑)


箱から出してみると見た目は確かに「砂」なのでありますが、触ってみるとその感触は砂のそれとはかなり違います。


なんというか…ネトネトのような…ネバネバのような…かなり前に流行ったトルコアイスを直に触った感じ(←触ったこと無いのだが)です。


なので、普通の砂のようにバラけることがありません。いつでもまとまっています。

さぁて!じゃあこの砂で何か作ってみようか!!と思ったのですが、イマイチ扱いが判らず本当は素晴らしい芸術作品の一つでも作って写真をアップしようなどと考えていたのですが、おじさんにはそのような想像力はありませんでした。


「子供ってこれでどうやって遊ぶの?」と思い、またしてもグーグル先生のお力を借りてみると、どうやら型に押し込んで造形するのが一般的のようですね。なるほどなるほど…

この砂を弄っている時にふと思い出したのですが、かれこれ10年前くらいだと思いますが東京のお客様が「うちは普段、施主へのプレゼンで粘土使っていましてね。今回は建物が複雑なのでプロの模型屋さんにお願いすることにしました。」とおっしゃっていたのを思い出しましたよ。


「あぁ!コレ粘土にも似てるから家でも作ってみるか~!」ということでやってみたのですが…


やっぱり出来ませんでした。